大田原塗装株式会社/雨漏り・劣化診断Q&A 大田原塗装株式会社/雨漏り・劣化診断Q&A

大切な住まいをもっと長持ちに!Q&Aでセルフ診断

02 壁の塗替え、うちはいつ頃?

01壁の塗替え、
うちはいつ頃?

壁の塗替え、うちはいつ頃?

劣化の進行は立地環境で異なります!

壁の塗替えの目安は10年といわれていますが、外壁の劣化は立地や環境などにより進行が変わります。

例えば・・・
●住宅街や高い建物に囲まれた立地の場合
日影となる面積が多いことから水はけが悪く、湿気による劣化が進行します。
●見晴らしがよく南向き、周囲に建物が無い場合
風雨や紫外線による劣化が進行します。

また、家の南側と北側、川の側や裏手が森・・・など周囲の環境によって症状は様々で、気づかない場所で劣化が進む可能性があります。
外壁に関しては特に「防水性」に対する劣化はが生じていないかを特に注意して観察する必要があります。

CHECK!

外壁を触ったら、手に粉がついた!

外壁の色、最近色あせてきたように感じる

ヒビ割れかな?と思われる筋がある

外壁に部分的に「膨れ」や「はがれ」がみられる

サイディングなどのつなぎ目に割れや亀裂が見られる


外壁を触ったら、手に粉がついた!

チョーキング現象と言われるこの症状は、紫外線や風雨によって表面の被膜が劣化して起こる初期症状です。
この状態が見られたら「そろそろ」塗替えのサイン

何か色褪せた?

外壁の塗膜劣化がはじまると、色が褪せて見えてくる場合があります。他の兆候が無ければ、さほど対応を急ぐ必要はありません。

ヒビ割れかな?小さな筋にも注意!

雨水の侵入の恐れが高いため、早急な対応が必要です。目安は幅0.3mm。それ以上のヒビがあったら早急にご相談ください。

コーキングの亀裂
つなぎ目の割れや亀裂

サイディングのつなぎ目やサッシのつなぎ目。これらのシーリングも古くなると亀裂が生じ雨水の侵入の原因になります。

もしかして・・・と思ったら、プロの目で診断

お見積り・ご相談無料です。
外壁の劣化は雨漏りの原因になったり、最終的には住まいの寿命にも関わること。外壁塗膜の劣化などの初期症状を見逃さないことが、家を長持ちさせるコツにつながります。
小さなヒビや亀裂も家にとって大きな問題になる可能性もありますので、もしかしたら・・と思ったら「プロの目で診断」をおすすめします。

大田原塗装株式会社/雨漏りは屋根からだけじゃない?

その他のQ&A

Copyright©2021 ohtawaratosou company.All rights reserved.